海で溺れたよ

この海!深い!溺れる!ボボボーボ・ボーボボ

今と過去とこれからのこと

私は愛されなかった、愛ある行為で身ごもって愛ある行為で産んだはずなのに愛されなかった。私は幼少期の記憶があまりありません まるで消しゴムで消されたかのように ブラックアウトしたかのように飛び飛びでしかないそれ以外はもう分からない。そんな中で思い浮かぶのはいつも家の空気も親戚との集まりも凍っていたこと。我が家は普通の家庭でした、父は社長母は専業主婦 外から見たら普通よりも恵まれてるかもしれません。ですが、その内側はいつ天災が起こるか分からない場所でした。父はイライラすると母につらく当たりました母には「お前が勝手に産んだんだろ」 私には「できそこない」と 普段は普通の母もそうなると守ってはくれません だから私は今も昔も「できそこない」「失敗作」だと思っています。叔母はお酒を飲むと私に「死にたいと思うお前は間違えてる」「お前は人間じゃない」と当たります。4歳の時に弟が生まれました 弟はお父さんからも愛されてて羨ましかった だけど当然だったのです何故なら私は出来損ないの失敗作だから 母と父が夜中に喧嘩をして弟が怯えて泣きながら私に抱きついてきたことを今も忘れません「こんな私を頼ってくれてる」と胸が熱くなったのを覚えています。弟が悪いことをしようとして私が止めに入ったことがあります、ですが私が父に怒鳴られました 人のせいにするな お前がやったんだろ 頭ごなしという言い方は好きじゃないけどまるでその通りのように説教をします。私のことをあまり好きではなかったんだろう。自分のことをはっきりと「要らない人間なんだ」と自覚したのはこの頃からでした。

保育園で怒られた時も異常な程に落ち込んでいたし 人格まで否定された気持ちでした、それは今も変わりません。そこに離婚、母の男関係、ネグレクトなどが加わり私の心は益々荒んでいきました。

中学生になり学校や家にも自分の居場所がなく私が見つけた方法は援助交際でした、もちろんお金欲しさもありましたが本来の意味は私の居場所探しでした。見知らぬ人に抱かれた時その人は私にこう言いました「かわいいね」胸が高鳴りました、そして初めて思いました「私は愛されてる」「私は必要とされている」どんどん「性の対象である自分」にしか自信を持てなくなっていきました。目の前にいる人が男性であれば、性的アピールをしてしまい関係を持ってしまう。その何人かと同時進行でつきあいました。

ですが根本的な部分には「自己否定」があるため相手の愛情を信じられないのです、だから試すような行動を何度も繰り返し相手が疲れ果てて離れていく その度に「私はやっぱり捨てられるんだ」と思っていきます。

気がつくと私はパートナーに暴力的行為をするようになりました、たった一人と付き合うことになり多数と付き合うことで満たしてきた孤独感が押し寄せてきたのでしょう。相手の帰りが少し遅いだけで「私といるより楽しいんだね」と思いこみ 「私は捨てれる」と怯えています。相手に尽くすことより2人の写真をビリビリにしたり目の前で自傷行為をする それで傷ついた様な顔をする相手を見て安心するのです 「ああ、愛されている」と。

5秒前まで機嫌よく笑っていたかと思ったら、5秒後には怒り出し暴れてしまう。そんなことがよくあります 些細なことでパートナーから捨てられると感じて怯えて不安が攻撃になります。

そういった症状は普段の人間関係では早々出てくることはありません。仕事や上辺だけの友達など 向こうから見たらむしろ私はいい人で関係が深くなれば深くなるほど症状は出てきます。厄介です そして私は今も居場所を探し続けています 見知らぬ男性と避妊もせず性行為に至り それを何度も繰り返し自らを救おうとしています。「今生きてる自分を愛してあげて」と言ってきたカウンセラーは私を救おうだなんて思ってなかった自分に酔いたいだけだったと思う。だから真に受けてもないし 愛してあげられるものなら私はとっくの昔に精神科も卒業してるであろう。今も私は真っ暗闇の中ひとりきりで歩いてるような感覚です 孤独感が消えてくれないのではなく私は間違いなく孤独なのだと思う。