海で溺れたよ

この海!深い!溺れる!ボボボーボ・ボーボボ

プラネタリウム

何年ぶりかにみたプラネタリウムは面白くなかったし、私の空しさを余計に酷くさせた。プラネタリウムが真っ暗な中不安と虚無感が襲い 

 

 

 

 

 

「やばい!空しい!苦しい!不安だ!」

 

 

 

 

 

 

となり起きかけている発作をなんとか防ごうと頭の中を他のことでいっぱいにしようとします、余計思考回路がグチャグチャになり最終的には結局吐き気を抑えながら我慢していました。それでも序盤はすごく綺麗で涙がこぼれそうになったんだけどね。途中で抜けて落ち着いたら戻るという手段もあったが、母にわざわざ連れてきてもらったのに「そんなこと、、」と思ったら抜けるなんてことが出来ずに苦しみました。ダメですね。

 

私はいつも人の理想であろうとするのです、だから自分がいないし 自分という人間を確立出来ていない。瞬時に相手の理想像をじっと捉え・大人しい ・女らしい ・おどける ・頼りがいのあるお姉さんらしい人により使い分け相手にとって「素敵な人」であろうとするのです。実際相手にとって私はそうなれているか分からないけど。笑ってくれた これでよかったんだ。笑顔がなくなった何がいけなかった?不満そうだ まだまだ頑張らなきゃ。

 

 

「頑張るところちげえから!!」

 

 

とよく言われます。

誰かの理想になるために必死こいて努力をするし、それを厭わない。誰かの理想でありたいという願望が私を突き動かすのだ、だから病院では「おとなしいけど話しかけると元気な女の子」として生活をしているし、もっといえば看護師や医者に対しても態度や接し方を変える。これはもう治らないのだと思う。人間は完璧ではないということが頭でだけではなく、心でもちゃんと理解が出来るようになるまではきっと治らない。それでも私は人間に完璧を求めてしまうし、完璧を求められてる気がするし、完璧でいたいと思ってしまう。私はとことこん融通が効かないアホだ。

 

相手にとって理想的な存在でありたいと思う気持ちもありますが、私の理想でいて欲しいという願望もあります。大半の人間は初対面では良いところだけを見せてくる、だからその人のことを完璧だと思ってしまうし、悪い部分を見た瞬間に「裏切られた」と思い不信感に駆られます。健常者は人間には色々な一面があると思っているが ボダである私は人間は一面しかないと思っています、だから悪いところを見たら悪い人になってしまうし 良いところをみたら良い人になる。頭の中が真っ二つだ。

 

 

そしてまたこんなアホみたいな支離滅裂でどうしようもないブログを書いてしまった。私って誰なんだろう。