海で溺れたよ

この海!深い!溺れる!ボボボーボ・ボーボボ

正論は時に暴力になる

よく言われます「親から貰った体なのに」「精神病は甘え」「メンヘラとは環境云々じゃなく本人の気質、弱さ」これらを言われる度に私は釈然としない気持ちになってしまう。これらの言葉は世間様にとっては正論で、私のように精神を病んでいる所謂メンヘラ、精神疾患者達からすると「暴力」になります。

私は何年か前ほどメンヘラ界隈と言われる場所に身を置いていました、元彼に追い詰められて飛び降りて亡くなった子 プロフに「死ぬときまてココロはひとりぼっちだったよ」と書いたままツイキャスで自殺を公開したあの人、南条あやは古すぎるし 今話を上げた方々が亡くなった時、私はメンヘラ界隈に身を置き リアルタイムで居ました。私は話を上げた方々ほどフォロワーがいたわけでもなく ROM専という立場にいました。そんな私もリストカットして載っけたり メンヘラをネタにした文章(自虐ネタ)などを投稿しておりました。メンヘラ界隈にいると、やはりそこそこ色々なことに巻き込まれて来ました。世間の言う「普通」や今まで自分が与えられてきた「普通」も覆すようなことが日常茶飯事にあります、彼氏と喧嘩して飛び降りて閉鎖病棟に入れられた子、ガールズバーから風俗嬢になりそのまま所在が不明になったり、職場の男性と不倫をしながらDVを受けてた子、大量に薬を飲んでフォロワーに警察を呼ばれて保護室に入った子、違法薬物依存で彼氏と一緒にパクられた子、そんなびっくりするようなことが次から次へと起きていくのです その中で私にある異変が起こりました「慣れ」です、いつの間にか私にとってその環境が普通であり当たり前でした、勿論仲のいい子もでき 2人で眠剤ボリボリしながら眠れず朝まで語り明かしていたり 傍からみたらただの傷の舐め合いでしかなかったかもしれません。でも確かに私はその居場所が楽しく幸せだったのかも知れません、似たような境遇の子と分かりあったり 違法でしたが薬でやり取りをしたり、そうして私は健康なメンヘラにすくすくと育っていきました。

ですがこの界隈に居て私が分かったことは「メンヘラは環境云々じゃなく本人の気質」ということは絶対に違うということです。みんな揃いも揃って共通する部分は「大体親がヤベエ」、絶対は言いすぎた、確かに環境云々より気質からの子も少数いましたが大体が親や親戚や職場がヤベエということです。子供にとって、親とは絶対的な権力であり、絶対的な存在なのです。その親に「出ていけ」と言われた時の絶望、「産むんじゃなかった」と言われた時の孤独、性的虐待の怖さ、手を上げられた時の悲しさ、ネグレクトの寂しさ、私がお互い知り合いでも一方的でも知ってる子は大体この様なことを背負いながら生きていました。挙げだしたらキリがありません、親が違法薬物依存や宗教にハマって詐欺られたや精神疾患に対する嫌悪感から保険証などの没収や監禁状態にさせられたり、そう思うと親になることがとても怖くなるのと同時に私は子供が嫌いなので絶対子孫を残すかと思っております。

そんな私がメンヘラ界隈から抜け出した理由があります、嫌気が差しました、それは決してメンヘラ界隈にいる方々にではなく ギャラリーです。この間の梅田飛び降り事件や、元彼に追い詰められ飛び降りた子や、ツイキャスで自殺配信をしていた子、その子達を殺してしまったのは同級生でもいじめでも親でもなく「ギャラリー」だと私は思っています、梅田飛び降り事件の時 引き止めず携帯を向けた方や 自殺配信で「早くしろよ」と急かした方 追い詰めた元彼ももう少し冷静になれる場所があったら何か変わったかもしれない、美談に聞こえるかもしれませんがこれらは私は心の底から思っています。どんな理由やどんな相手だろうが 飛び降りる所にスマホを無言で向けてザワザワと騒いだり自殺を急かすように言うのは絶対にしてはいけないことだと思っています。そう思うとだんだんTwitterで自虐ネタをしてギャラリーを喜ばせることに対しても それを見てるギャラリーにも嫌気が差しました。ですがメンヘラ界隈を抜け出したからと言って決してメンヘラを辞められるわけがありません。今も私は薬を大量に飲むし手首も切るし酒を浴びるようにも飲むし自殺未遂もしますし閉鎖病棟にも保護室にも入れられます。幼少期にかけられた呪いは何をどう足掻いても綺麗に解けることはありません。何故ここまで私が断言ができるかと言うと さんざん私にアドバイスをして元気そうに過ごしてた子が1ヵ月後には元に戻ってるのを何百回何千回と見てきたからです。結婚や出産や出世などで一時的に良くなることはあっても不意にまた襲いかかってきます、それがメンヘラなのです。だから本人に全く治したいという意思が無いわけでもないです。足や手が自分の意思で動くとしても感情は制御は出来ません。

そしてメンヘラにさらに共通する部分は「幼い頃から感情が成長出来ていない」ということです、普通の人は幼少期に感情を振り回し限度を学び大人になっていきます、ですがメンヘラはその体験が出来なかった或はできる環境でなかったということがあります。だから怒りに支配されたり悲しさや寂しさに支配されたり、感情が自分の中で回ってると言うよりかは 自分が感情に振り回されている状態です、今更限度を学べるわけもなく人に迷惑をかけてしまったり混乱させてしまったり、愛情を与えても底の抜けたバケツに水を注いでるようなものです そしてさらにタチが悪いのがお互い「いつか満たされる」と確信的でいることです。メンヘラである私達は常に悪循環を繰り返してなんとか生きています。そんな私の人生の永遠のテーマは「治らなくても人に異常なほど迷惑をかけないメンヘラになる」ということです、ここまでの話を聞くとそれはとても現実味のないことかもしれませんが常日頃私はそう思い、そう願い行動をしています。理解は求めていませんが受け入れていただけると有難いです、ですが貪欲なのが人間なので受け入れて貰えても「なんでわかってくれないの?」と今度は理解を強請るようになります。やっぱり死しか終わりはないのかもしれません。おやすみなさい。

容姿が全て。

私はこの世は全て「容姿が全て」だと思っています。母に普通に愛されなかったことも、父が私を執拗に叱ってきたことも、親戚からの否定も、同級生からのいじめも、バイト先で受けたパワハラも、全部全部顔が良ければ体験しなかったと思います。どうしようもない劣等感に何時も蝕まれてます。手首の汚さも、円形脱毛症でウィッグ被ってても、性格が悪くても、頭が悪くても、顔さえよければ全部許されるのです。それは紛れもない事実だし「中身が大事だよ!」と言っていた友達の彼女は可愛い子でした。そんな綺麗事に興味もなければ信じるつもりもない。

美人で生まれたかったなんて言わないから人並みの容姿がほしかった。劣等感からくる性格の悪さも、逃げ続けた結果の頭の悪さも全て許されたい。でもきっとそれはダメなのです、可愛いを理由に盾を作っても何時までも許されるわけじゃない、努力は報われることは少ないけど無駄になることはきっとない。だからもっと勉強をしなきゃいけないし、劣等感からくる性格の悪さも治さなきゃいけません。でも、無理だよね。治し方なんて誰からも教わってないし頭が悪いから自分で学ぶことも出来ない。自分にこれ以上絶望したくないなあ 、

今と過去とこれからのこと

私は愛されなかった、愛ある行為で身ごもって愛ある行為で産んだはずなのに愛されなかった。私は幼少期の記憶があまりありません まるで消しゴムで消されたかのように ブラックアウトしたかのように飛び飛びでしかないそれ以外はもう分からない。そんな中で思い浮かぶのはいつも家の空気も親戚との集まりも凍っていたこと。我が家は普通の家庭でした、父は社長母は専業主婦 外から見たら普通よりも恵まれてるかもしれません。ですが、その内側はいつ天災が起こるか分からない場所でした。父はイライラすると母につらく当たりました母には「お前が勝手に産んだんだろ」 私には「できそこない」と 普段は普通の母もそうなると守ってはくれません だから私は今も昔も「できそこない」「失敗作」だと思っています。叔母はお酒を飲むと私に「死にたいと思うお前は間違えてる」「お前は人間じゃない」と当たります。4歳の時に弟が生まれました 弟はお父さんからも愛されてて羨ましかった だけど当然だったのです何故なら私は出来損ないの失敗作だから 母と父が夜中に喧嘩をして弟が怯えて泣きながら私に抱きついてきたことを今も忘れません「こんな私を頼ってくれてる」と胸が熱くなったのを覚えています。弟が悪いことをしようとして私が止めに入ったことがあります、ですが私が父に怒鳴られました 人のせいにするな お前がやったんだろ 頭ごなしという言い方は好きじゃないけどまるでその通りのように説教をします。私のことをあまり好きではなかったんだろう。自分のことをはっきりと「要らない人間なんだ」と自覚したのはこの頃からでした。

保育園で怒られた時も異常な程に落ち込んでいたし 人格まで否定された気持ちでした、それは今も変わりません。そこに離婚、母の男関係、ネグレクトなどが加わり私の心は益々荒んでいきました。

中学生になり学校や家にも自分の居場所がなく私が見つけた方法は援助交際でした、もちろんお金欲しさもありましたが本来の意味は私の居場所探しでした。見知らぬ人に抱かれた時その人は私にこう言いました「かわいいね」胸が高鳴りました、そして初めて思いました「私は愛されてる」「私は必要とされている」どんどん「性の対象である自分」にしか自信を持てなくなっていきました。目の前にいる人が男性であれば、性的アピールをしてしまい関係を持ってしまう。その何人かと同時進行でつきあいました。

ですが根本的な部分には「自己否定」があるため相手の愛情を信じられないのです、だから試すような行動を何度も繰り返し相手が疲れ果てて離れていく その度に「私はやっぱり捨てられるんだ」と思っていきます。

気がつくと私はパートナーに暴力的行為をするようになりました、たった一人と付き合うことになり多数と付き合うことで満たしてきた孤独感が押し寄せてきたのでしょう。相手の帰りが少し遅いだけで「私といるより楽しいんだね」と思いこみ 「私は捨てれる」と怯えています。相手に尽くすことより2人の写真をビリビリにしたり目の前で自傷行為をする それで傷ついた様な顔をする相手を見て安心するのです 「ああ、愛されている」と。

5秒前まで機嫌よく笑っていたかと思ったら、5秒後には怒り出し暴れてしまう。そんなことがよくあります 些細なことでパートナーから捨てられると感じて怯えて不安が攻撃になります。

そういった症状は普段の人間関係では早々出てくることはありません。仕事や上辺だけの友達など 向こうから見たらむしろ私はいい人で関係が深くなれば深くなるほど症状は出てきます。厄介です そして私は今も居場所を探し続けています 見知らぬ男性と避妊もせず性行為に至り それを何度も繰り返し自らを救おうとしています。「今生きてる自分を愛してあげて」と言ってきたカウンセラーは私を救おうだなんて思ってなかった自分に酔いたいだけだったと思う。だから真に受けてもないし 愛してあげられるものなら私はとっくの昔に精神科も卒業してるであろう。今も私は真っ暗闇の中ひとりきりで歩いてるような感覚です 孤独感が消えてくれないのではなく私は間違いなく孤独なのだと思う。

遺書

私が死んでから「あーすればよかった」「もっとこうしてあげればよかった」と誰かが自責の念に駆られるのが嫌なのでこのブログを残します。私が死ぬのは誰も悪くない 強いといえば身内くらいです。毎日毎日生きることや自分のことで精一杯でこれから先を生き抜く自信も気力ももうぶっちゃけ残っておりません。感情のコントロール不能で特に気分が落ち込んでいる時無気力な時何も手につかない状態になります、私は今週の土曜日に引越しをするのですが片付けもなかなか進んでおらず、薬の効き目も悪く悪化傾向にあります。死にたいという気持ちと死ぬことだけが頭を埋めつくします。アイラインは何cm引いて、カラコンは14.2mmにして髪はどれくらい巻いてどの服を着て飛び降りるか葬式の遺影は何にするか会場に流れる曲はどんなプレイリストにするか何色の花で埋めつくしてもらうか、そんなことばかり考えています。それはどう頑張っても変わらないし治らないと思う 何故かと聞かれるとそれしか私にはないからだ、趣味も特技もない何も無い、そういうことを毎日毎日毎日考えて過ごすのが私にとっての普通だ。それを悲しいと表現する人もいるし、止めて欲しいと懇願してくる人もいるけど、まあ正直わたしだってそんなことを考えずに生きていけるならその方がいいと思う。スタバの新作フラペチーノとクリスマスの予定と片想いのイケメン草食男子のことで頭がいっぱいの女の子になりたかったとも思う。

何も怖くないという顔をして辛くないふりをしてなんともなさそうに見えてたかな、悲しむことも傷つくこともたくさんあった 私はいつもヘラヘラして流していた でも確かに私の心に突き刺さっていた。今も抜けずに困っている。「痛みって美しいんだ」という歌詞があるが死ぬほど嫌いだ、痛みを感じる度に私は私ではなくなる気がしてしまう。強がって痛くないふりをして私が私なのかも分からず混沌の中を生きている。涙を流すことは恥だ、弱みを見せるのは汚いことだ。見えないところの傷でさえ気持ち悪がられるのに見えるところの傷なんてもっとひどい。

「語彙力がある」「文才がある」そう褒めて貰えても私自身は空っぽで何も無いのだ。人間は自分で自分を評価し芯を作りその周りに他者からの評価が周りにペタペタと張り付く、でも私にはそもそもの芯がなかった。高校の受験の時面接があった、如何に自分をアピールするか そこで私は何回目かの挫折を味わいました。自分が分からないのです、自分の特技も趣味も分からずただただ練習しながら必死に書いたメモをぐしゃぐしゃにしては捨てぐしゃぐしゃにしては捨ての繰り返し、私にはもう本当に何も無いんだ。芯がないから他者からの褒め言葉でさえ空の中にどんどん落ちていく そう、褒めるだけ無駄なのだ。そして芯がないということは自分をしっかり持っていないとも言う、人の機嫌を伺いじっと相手の行動を観察し相手が求めている理想像になろうとする、カメレオンのようだ。どれだけ疲れていても厭わない。そうでもしないと人から好かれないという強迫概念があるからだろう。

自己肯定力が皆無だから少しでも否定されたら人格まで否定された気分になり相手の機嫌が悪いと自分のせいだと思ってしまうし そのループに疲れた結果「縁を切る」という手段しか思い浮かばず断ち切り私はどんどん1人になっていく。静かに死んでいくんだと思う。友達がアカウントをフォローしてくれなかった 友達が返信2日間もしてくれない みんなが気にしないようなことを逐一気にして気分が左右されそんな自分に疲れ私はぐったりする。

先日スーパーでお父さんと会った、新しい奥さんといたから話しかけられなかったし 私は見て見ぬふりをしてしまった、向こうも私のことは見かけてないと言っていたらしく勝手に私がいないような扱いをされた気分になった 悲しかった。私の周りにも母子家庭の子達は多いが大半が父親とも仲良くはやっていたりする、TwitterInstagramで「お父さんとデートしてきた」などという投稿を見ると携帯を投げて泣き出してしまう、私は特別なことなんて何もいらないただただ私もみんなみたいに健全に過ごしてお父さんや家族と遠出やデートをしてみたかった。もう叶わないから私がなんと言おうと何も変わらないのが現実だが その現実を受け入れる度胸も覚悟も根性もない。怖いんだ、私にはお父さんがいないという事実を受け入れることが。何故こんなにも私がお父さんを求めているのかと言うと私はお父さんとの思い出でいい思い出が全くと言っていいほどない。だから上書きしたいのだ、10年のブランクはあるけど今ならちゃんとお父さんの目を見て私の10年間を話せるような気がする、そして私はお父さんの10年間も知りたい、私にはちゃんとお父さんがいたんだという気持ちを抱きたい。お父さんが望んでいた娘に育たなかったことはわかってる、それも謝りたい、ただ私は普通にご飯を一緒に食べたり買い物をしたり普通でよかった。

平凡でいい普通でいい スタバの新作をツイートして友達とカラオケ行ってドライブして誕生日にはサプライズなんてされて それだけでいい、毎晩毎晩流す涙を拾ってくれる人もいない、私は孤独だ。私がこんなに自殺を願うには母より先に死にたいという気持ちがある、自分本位だが母がいなくなったら私には家族と呼べる人はいなくなってしまう。そんなの嫌だ、わたしをこれ以上孤独にして欲しくない。公認臨床心理士を目指してる友人に「小さい頃からたくさん傷ついてきたんだね」と言われた、私は泣き散らかした。もうこれ以上傷つきたくない、だから死を選ぶ。それしかもう私にはない。こんな支離滅裂な文章を最後まで呼んでくれてありがとうございます。ごめんね、20歳まで耐えられないよ。かと言って今すぐ死ぬわけでもありませんので警察さんは来なくてよいです

昔から容姿のせいでゴミのように扱われた話

容姿について悩み夜中に泣き散らかして手首を切ることが多々ある。希死念慮や不安だけじゃなく容姿についての悩みもリストカットの原因だ。容姿に悩み逃げるためにリストカットでもその醜なった手首に更に嫌悪感そしてまた手首や容姿について悩んで泣く負のループ

最近はどこに出るのにもバッチリ化粧じゃないと怖い 奇形な自分が不意に映る窓ガラスなんて最悪

私は太っているし目もパッチリ二重じゃない、だから化粧もたくさん研究した その結果まだマシ見える化粧も覚えた、でも可愛くなるための化粧じゃない 私の顔を見て他者が不快にならないようにする隠す化粧だ。

先生に「身体醜形障害には特徴がある」と言われた、身体醜形障害を患ってる人の8割は自分のことをブスだと思うのではなく異物や奇形その様に思うらしい。その通り私は自分はブスと言うより醜い奇形にしか見えない。

泣きながら鏡を割ったり、バッチリ化粧もしくはサングラスにマスクじゃないと外に出れなくなったり、容姿への悩みや精神的な問題から他者と円滑なコミュニケーションを取ることが出来なくなった。これも性格なのか。

醜い自分を他人に見せるのが申し訳なく屈辱的で家にこもりがちになる。一日の大半は容姿について悩んで過ごしている。

「そんなに鏡みてナルシストなの?」と友達に冗談言われたがそんなに見てるかな? 鏡を何度も確認してしまう 鏡だけじゃない ガラス 鍋の蓋 スプーン そこに映る気になるところ(ほぼ全身顔も含む)を何度も確認する ひどい時は確認してるだけで1時間半経っていたこともある。

反射物だけじゃない、写真や映像に映るのも怖い なので履歴書には証明写真貼らないし手帳に貼られた証明写真も破り捨てたい

両親や友達に「私って臭くない?」「私のここ変じゃない?」と異常に確認してしまう「そんなことないよ」って言われても私の気持ちを想ってお世辞を言ってくれてるって思うだけ。聞くだけ無駄だ。

 

確認しては変だと感じ終いには殴ってしまうこともある、殴れば元に戻るというバカな発想故だ。

自分が他人に本当はどんな風に思われ見られているのか、そんなことは全人類分からないであろう。その答えのないことについて悩まされて手首切って薬飲んで馬鹿みたい みんなみんな馬鹿みたい

不安になりたくないから私の事嫌いな人はどうぞ私と関わらないでいてくれていいし あたかも私を好きだという態度も取らないでほしい。裏でボソボソ言われるくらいならその方が楽だ。これも逃げになるのだろうか。私にはもう分からない。

幸せと優しさの隙間にある日常

私のブログを読んでくれてる友人からのリクエストで今回は「何があって幸せだと思うのか」「何をされて優しさを感じるのか」「どんなことがあって辛くて悲したかったのか」について書いて見ようと思います。

私は感情という感性がぶち壊れてるらしいのですが人並以上に敏感な心の持ち主です。人から貰う感情や価値をどんなものなのか何が理由で私に与えてくれたのか私は深読みをします。

 

 

幸せだと感じる時 誰かが私を必要とし「ありがとう」「あなたのおかげ」と言われた瞬間です、母に「生きててくれるだけでいい」と言われた瞬間、私の中では2つの感情が入り交じります。それは「うれしい」と「申し訳ない」優しさもまた然り 他人に自ら何かをしてあげその対価を貰うことで私は嬉しながら幸せを感じながら申し訳ないという要らない感情を抱いてしまいます。自己肯定力の低さ故 避けては通れないものなのかもしれません。17年間「自分は生まれてくるべき人間ではなかった」と思い続け生きてればそうもなります。優しさを与えられた時私は何故か涙が溢れて止まらなくなります、そして私の心に芽生えるのは「こんな人間に優しくしてくれてありがたい」という気持ちです。些細なことなのです、私が欲しがり皆が与えてくれることは 少しずつ少しずつ私の生きる種になっていくのです。

 

そして反対の悲しいや辛いなどのネガティブな気持ちを抱く時は決まって「誰かに突き放された」と感じた時です。私は関わる人間にどうでもいい人なんの感情も抱かない人もいません、所謂「執着心」からくる突き放された不安や悲しみ 1.2日返信が来ない いつもより冷たい いつもより笑顔が少ない何がダメだったんだろう 常日頃人に対しそう考えています。元々の性格もあるのだろうか。裏切られたり少し物事を否定されたりしたら人格まで否定され罵られた気分になり2週間ほどずるずると引きずります。そして悲しいや希死念慮を抑え自分はこんな人間なんだと自分に分からせるためにリストカットやOD飛び降りを繰り返すのだと思います。なので取っかえ引っ変えがキリがありません、誰かが1人でも離れたら私は次を見つけ その悪循環。でもハッキリと○○されたら辛いとはいえません、私にも分からないのです スっと不安になりフッと落ち着きます その繰り返しに他人からの優しさや愛情が入り込み複雑に絡み合い自己収集がつかなくなります。

 

 

でも声を大にして言いたいことは私はみんなのおかげで生きられています。私が死にたくて誰かに縋りたい時 誰かしらは電話に出てくれるし 大好きな彼女はたまに電話をすると面白い話をしてくれて元気が出るし 私が困ってたら手を差し伸べてくれる友人も こんな私を面倒見てくれる母もいます。それだけで充分なのかもしれません、対等なのが当たり前なのです、してもらったらしてもらった分だけの対価を支払わなくてはならない、過不足なく平等にそれで世界も人間関係も上手くいくのだと思います。

自殺しようとした話

昨晩から突如訪れた希死念慮とパニックに襲われ泣きながら遺書を綴っていました。写真にある薬を全部飲み飛び降りる予定でした。結論これを書いてる時点で私は生きています、死ぬ気も死ぬ勇気もそもそもなかったのです。

 

 

薬に頼らなきゃ死ねないなら生きてればいい

 

と友人に言われ不意に我に返りました。

f:id:cuinns:20181024203911j:image

 

でも薬を飲んでも死にたいのがメンタルヘルスの闇。これから先も私は何度も死のうとするだろう、する度に私には我に返らせてくれる友人がいる。

 

優しさを受け取るのが苦手だし愛されることも苦手だが、私が死ぬことを引き止めそれでも尚私の面倒を見てくれる母や友人は私が気付かないところで優しさを与えられているのかもしれない。そしてそれを私は無意識に受け取って生きている「優しさ」と名付けられると受け入れるのが怖いのはみんな同じ。突然「あなたに100万円をあげます可哀想なので」と言われたら大多数は受け取ることに抵抗があるだろうと思ったら死にたい気持ちもみんなが敵に見えて仕方ないのも少しは落ち着いた。信頼なんてそんなもんだ、よく行くお店だって誰が作ってるか分からない食べ物をなんの抵抗もなく食べられることが出来る。私にはまだ死ぬことは出来ないのかもしれない。